高級賃貸で満足のいく暮らしを始める|くつろぎマイホーム

事前に確認をする

住宅

ニーズに合わせて徐々に増加しているペット可物件

昔は賃貸でペットを飼うことは禁止というのが当たり前のルールとして根付いていました。少し前のペットブームと言われる時期には多くの日本人が様々な動物を飼い始めました。しかし全て持ち家での現象ではなく、賃貸住まいの人たちも内緒で飼い始める人が増えてきました。これにより集合住宅では鳴き声などの騒音や排泄物の臭い、ベランダから隣の住居へ脱走するなどで発覚したり、トラブルも増えています。このような現象から、最近ではペット飼育が可能な物件も少しずつ増加してきています。古くて借り手がつかないことが原因で契約条件を緩めたような物件もありますが、ペットと生活することを前提とした設備を充実させている、共生型のマンションなども増えて来ました。このような物件は、動物を飼いたくても飼えなかった賃貸住まいの方にはとても魅力的です。今後もこのような物件はゆっくりと増えて行くことが予想されます。

飼うことに対する心得は持ち家でも賃貸でも同じ

ペット飼育禁止の賃貸で、内緒で飼うことはおすすめできません。飼い主・ペットの双方にストレスがかかってしまいますので、引っ越しを考えることが望ましいです。しかし、現状は上記に述べたような物件は大変希少で家賃も高めとなるケースが多いです。更に飼育を許可する条件として敷金アップもよくあります。このような場合は、退去時はほとんど戻って来ないものであると覚悟していた方が無難です。やはりペットを飼育しているというだけで、臭いや傷に対するメンテナンスの査定は厳しくされてしまうようです。賃貸でペットを飼うということは、それだけ周囲や貸主に配慮して飼わなければならないということです。物件の価値をできる限り維持するためのお金もそれなりにかかります。安易な考えで飼い始めてからトラブルになっても簡単に手放すことなどできませんので、事前にこの辺を踏まえて家族や周囲の理解を得ることが大切です。この点では持ち家でも賃貸でも、ペットを飼う以上は守るべきマナーだと言えるでしょう。